ロゴボランティア活動の情報サイト

HOME : 運営者情報

運営者情報

 国際ロータリー第2650地区(京都、奈良、福井、滋賀)ロータリー財団学友会は当地区ロータリー財団学友の相互交流のための組織です。ロータリー財団学友とは、以下のプログラムの元参加者を指しています。

  • 国際親善奨学金
  • 研究グループ交換 (GSE)
  • ロータリー世界平和フェローシップ
  • 地区補助金奨学生
  • グローバル補助金奨学生

 これらロータリー財団プログラムは、参加者に豊かな経験を与えるほか、ロータリーの平和のビジョンを、人と人との交流や友情、研究や奉仕活動、異文化交換を通じて広めていきます。

プログラムの参加者は、海外滞在中だけでなく、帰国してからも親善使節の役割を果たします。異国で暮らし、学び、奉仕する経験から、財団学友はロータリーの理想を支持してくれる存在となります。
ロータリー財団学友と呼ばれる人々は、世界に110,000人 以上に上ります。

ロータリー財団プログラムの中で、最も古く、よく知られたプログラムである国際親善奨学金は、1947年に創設されました。それ以来、財団の援助の下、お よそ100カ国から39,000人を超える人々が外国へ留学してきました。今日では、民間団体が提供する海外留学奨学金としては世界最大のものとなってい ます。2007-08年度には800口以上の奨学金が授与されました。総額約5億ドルにも上る奨学金を通じて、100カ国以上で奨学生が勉学しました。

 国際親善奨学金の目的は、異なる国や地域の人々の間に理解と友好関係を推進することです。このプログラムは大学学部生や大学院生のほか、職業関連 の研究を希望する有資格の専門職者を対象に、数種の奨学金を提供しています。外国に留学中、奨学生は国際親善使節としての役割を果たし、ロータリー・クラ ブやその他の団体で、母国に関するスピーチや発表を行います。帰国後、奨学生は、留学中の親善使節としての体験談をロータリアンやその他の人々に話しま す。世界中のロータリアンからの寛大な寄付は、今日の国際親善奨学生が明日の地域社会と世界のリーダーへと育っていく、ということへの信念を表していま す。

 ロータリー財団の教育的プログラムは、生涯にわたる固い絆をプログラム学友とロータリアンの間に築いてきました。また、多くのローターアクト・クラブやロータリー・クラブは、学友を会員として推薦することに関心を持っています。